コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマールノ Komárno

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コマールノ
Komárno

ドイツ語ではコモルン Komorn,ハンガリー語ではコマーロム Komárom。スロバキア南端の都市。ドナウ川にバーハ川が合流する地点にあり,ハンガリー国境にのぞむ。対岸のハンガリー側とは橋で結ばれ,鉄道・道路交通の要地となっている。 12世紀頃城塞が築かれてから,ドナウ両岸に発展し,オーストリア=ハンガリー帝国における戦略的要衝とされてきた。同帝国崩壊後,1920年のトリアノン条約でドナウ北岸地域がチェコスロバキア領となったが,南部スロバキアには約 60万人のハンガリー人が少数民族として取残されたため,38年ミュンヘン協定後にその他の南部スロバキア地域とともにハンガリーへ割譲された。 45年,北岸地域は再びチェコスロバキア領に復帰。現在もハンガリー人問題は懸案であり,コマールノにはハンガリー人高等教育機関の設置が決っている。造船業などの機械工業が発達。人口3万 7370 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コマールノ【Komárno】

スロバキア南部,バーフVáh川がドナウ川と合流する地点にある河港都市。人口3万7000(1991)。1919年まで対岸のハンガリー領のコマーロムKomáromと一つの町を構成していた。造船,製靴,タバコ,食品工業が発達し,南東欧との鉄道,河川交通の要衝。中世そのままの古い城砦は16世紀の対トルコ戦争,1848‐49年のハンガリー革命軍の対オーストリア防衛戦に重要な役割を果たした。喜歌劇《メリー・ウィドウ》の作曲家レハールFranz Lehár(1870‐1948)の生誕地。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android