コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマールノ コマールノ Komárno

2件 の用語解説(コマールノの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コマールノ
コマールノ
Komárno

ドイツ語ではコモルン Komorn,ハンガリー語ではコマーロム Komáromスロバキア南端の都市。ドナウ川にバーハ川が合流する地点にあり,ハンガリー国境にのぞむ。対岸のハンガリー側とは橋で結ばれ,鉄道・道路交通の要地となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コマールノ【Komárno】

スロバキア南部,バーフVáh川がドナウ川と合流する地点にある河港都市。人口3万7000(1991)。1919年まで対岸のハンガリー領のコマーロムKomáromと一つの町を構成していた。造船,製靴,タバコ食品工業が発達し,南東欧との鉄道,河川交通の要衝。中世そのままの古い城砦は16世紀の対トルコ戦争,1848‐49年のハンガリー革命軍の対オーストリア防衛戦に重要な役割を果たした。喜歌劇《メリー・ウィドウ》の作曲家レハールFranz Lehár(1870‐1948)の生誕地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コマールノの関連キーワードスロバキアチェコスロバキアブラチスラバモラバチェコスロバキア共産党ドナウベンドスロバキアン・ハウンドチェコスロバキアン・ウルフドッグチェコスロバキア事件バーフ[川]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コマールノの関連情報