コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマールノ コマールノKomárno

2件 の用語解説(コマールノの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コマールノ
コマールノ
Komárno

ドイツ語ではコモルン Komorn,ハンガリー語ではコマーロム Komáromスロバキア南端の都市。ドナウ川にバーハ川が合流する地点にあり,ハンガリー国境にのぞむ。対岸のハンガリー側とは橋で結ばれ,鉄道・道路交通の要地となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コマールノ【Komárno】

スロバキア南部,バーフVáh川がドナウ川と合流する地点にある河港都市。人口3万7000(1991)。1919年まで対岸のハンガリー領のコマーロムKomáromと一つの町を構成していた。造船,製靴,タバコ食品工業が発達し,南東欧との鉄道,河川交通の要衝。中世そのままの古い城砦は16世紀の対トルコ戦争,1848‐49年のハンガリー革命軍の対オーストリア防衛戦に重要な役割を果たした。喜歌劇《メリー・ウィドウ》の作曲家レハールFranz Lehár(1870‐1948)の生誕地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コマールノの関連情報