コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コミュニティ・スポーツ

1件 の用語解説(コミュニティ・スポーツの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コミュニティ・スポーツ

市町村などの地域社会を基盤とする,スポーツを通じて生まれたある一定の地域的広がりと,同志感情によって支えられるスポーツの存在形態の総称と考えてよい。日本において〈コミュニティ・スポーツ〉という言葉が強調されはじめたのは,都市化の進展や大衆社会化現象などにより地域社会の崩壊が顕著となった昭和40年代の中ごろからである。それまでのスポーツは,学校や職場を中心に行われる傾向が強かった。しかし,生活における時間的,経済的ゆとり楽しみ生きがいを求める生活意識の変化によって,家族や親しい仲間と生活に身近なところでスポーツを楽しむ傾向が強くなってきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コミュニティ・スポーツの関連キーワード市町村税市町村長地域社会地域社会学校スポーツ科学市町村組合地域団体副市町村長スポーツ少年団コミュニティスポーツ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コミュニティ・スポーツの関連情報