コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コミュニティ・スポーツ

世界大百科事典 第2版の解説

コミュニティ・スポーツ

市町村などの地域社会を基盤とする,スポーツを通じて生まれたある一定の地域的広がりと,同志感情によって支えられるスポーツの存在形態の総称と考えてよい。日本において〈コミュニティ・スポーツ〉という言葉が強調されはじめたのは,都市化の進展や大衆社会化現象などにより地域社会の崩壊が顕著となった昭和40年代の中ごろからである。それまでのスポーツは,学校や職場を中心に行われる傾向が強かった。しかし,生活における時間的,経済的ゆとりと楽しみや生きがいを求める生活意識の変化によって,家族や親しい仲間と生活に身近なところでスポーツを楽しむ傾向が強くなってきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

コミュニティ・スポーツの関連キーワード川本 信正市町村

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android