コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コミューン運動 コミューンうんどう

1件 の用語解説(コミューン運動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コミューン運動
コミューンうんどう

共通の思想・文化をもつ自主管理的な生活共同体コミューン」を創設する運動。理想社会の追求と,相互扶助のための団結を特徴とする。1960年代以降,産業化社会から脱落,離脱したヒッピーや,先進諸国の学生運動にかかわった人々が担い手となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコミューン運動の言及

【コミューン都市】より

… 1070年にル・マン市で最初のコミューンが結成された後,その運動は北フランス一帯に広がり,フィリップ2世の治世(1180‐1223)に頂点に達した。コミューン運動の目的は“平和”の獲得であった。この“平和”とは,領主層による暴力・略奪,恣意(しい)的な苛斂誅求(かれんちゆうきゆう),さらには住民間の暴力的対立・復讐等という混乱と暴力が支配した封建社会の中で弱者である住民の保護・安全の確保を意味した。…

【都市】より

…このような市民全体の結合を当時のことばで誓約団(コンユラティオconjuratio)というが,その結果,皇帝や国王あるいは封建諸侯は,やむなく市民の団体に一括した自治を認めざるをえなくなった。この動きを総称して,コミューン運動と呼ぶ。 このように中世都市は,その成立の経緯において,また生産者市民を打って一丸とした共同体である点において,古典古代やアジアの都市と根本的に違った性格をもっていた。…

※「コミューン運動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コミューン運動の関連キーワード自主管理生活共同体労働者自主管理極右極左主管戦前派文化生活自主管理計画化自主管理社会主義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone