コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生活共同体 せいかつきょうどうたいLebensgemeinschaft

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生活共同体
せいかつきょうどうたい
Lebensgemeinschaft

共同体のうち,特にその構造が日常の生活と緊密な関連をもったもの。成員の数は比較的少く,共通な体験や理解を可能とする,空間的にも限られた社会関係の濃厚な社会的組織で,一般には,共同体村落共同体などがこれにあたる。生産手段を共有し,自治および生活扶助組織をもち,経済的にも自給自足を基本とする。また生活防衛上,外に対して封鎖的な傾向を示す。 M.シェーラーは社会の4つの基本形態 (群衆,生活共同体,利益社会,精神的共同体) の一つにこれをあげ,家族や民族を例示しているが,これは共同体のもつ宿命的性格に注目したためである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

せいかつきょうどうたい【生活共同体】

緊密な生活関連をもった共同体。成員の共通の生活様式をもとにした社会的統一体で、家族・村落・民族などがその例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生活共同体
せいかつきょうどうたい
Lebensgemeinschaftドイツ語

家共同体とか村落コミュニティといったような、成員の生活全体が、濃厚な関連をもち、互いに知り尽くされているような社会的統一体をいう。比較的成員の少数な社会において成立している場合が多い。[二宮哲雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

生活共同体の関連キーワードゲマインシャフツシューレモーシェー シャーミールハーモニー・ソサエティレドゥクシオンコミューン運動地域教育計画コミューン家(いえ)地域保健農村計画自由学校直系家族コロニー地域社会学級編制新しき村基礎集団行政村地主神ウンマ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android