コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモド大蜥蜴 コモドオオトカゲ

デジタル大辞泉の解説

コモド‐おおとかげ〔‐おほとかげ〕【コモド大蜥蜴】

有鱗(ゆうりん)目オオトカゲ科の爬虫(はちゅう)類。最大のトカゲで、全長約3メートル。森林にすみ、哺乳類や鳥類をとらえ、大きな獲物は強大な尾で打ち倒す。また、血液の凝固を妨げる毒を歯から注入することで、獲物を失血死に至らしめる。インドネシアコモド島などに分布。コモドドラゴン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

コモドおおとかげ【コモド大蜥蜴】

有鱗目の爬虫類。現生種最大のトカゲで、体長3メートル、体重150キログラムに達する。体は灰色。卵生。肉食性で、成長するとシカやブタなども襲う。インドネシアのコモド(Komodo)島・フロレス島などに分布。コモドドラゴン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

コモド大蜥蜴の関連キーワードフロレス島肉食性コモド卵生

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android