コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモリン岬 コモリンみさきCape Comorin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コモリン岬
コモリンみさき
Cape Comorin

サンスクリットではカニヤクマリ Kanyā Kumārīという。インド,タミルナードゥ州にあるインド半島最南端の。岬の先端に近いカニヤクマリ村には,古くからのシバ派のカニヤクマリ寺があり,多くのヒンドゥー教徒の巡礼が訪れる。岬の最先端は沐浴場となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

コモリンみさき【コモリン岬】

〔Comorin〕 インド最南端の岬。この岬を通過する北緯八度の緯線により、インド洋北部を東のベンガル湾と西のアラビア海とに区分する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コモリン岬
こもりんみさき
Cape Comorin

インド半島最南端、タミル・ナド州南部の岬。北緯8度5分、東経77度33分に位置し、ここでアラビア海ベンガル湾マンナール湾)、インド洋の3海が合する。インド名をカニヤ・クマリ(処女岬)という。ヒンドゥー教の聖地で、沖合いのビベカナンド岩にはマルコ・ポーロの旅行記にも記された有名なクマリ寺院がある。インド国内では、太陽が海から昇り海に沈むのはこの地だけであり、日没と日の出の時刻には大勢の人が集まって沐浴(もくよく)をする風景がみられる。M・ガンディーの遺灰はここから流され、その記念聖堂もある。[成瀬敏郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コモリン岬の関連キーワードラージャパーライヤムティルバナンタプラムパーラヤンコタイサザンガーツ山脈コロマンデル海岸ガーツ[山脈]トリバンドラムナーゲルコイル西ガーツ山脈マラバル海岸観世音菩薩インド料理エベレストマドゥライザビエル緯線

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android