コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモリン岬 コモリンみさき Cape Comorin

4件 の用語解説(コモリン岬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コモリン岬
コモリンみさき
Cape Comorin

サンスクリットではカニヤクマリ Kanyā Kumārīという。インドタミルナードゥ州にあるインド半島最南端の岬。岬の先端に近いカニヤクマリ村には,古くからのシバ派のカニヤクマリ寺があり,多くのヒンドゥー教徒の巡礼が訪れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コモリン‐みさき【コモリン岬】

Cape Comorin》⇒カニャークマリ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

コモリンみさき【コモリン岬】

〔Comorin〕 インド最南端の岬。この岬を通過する北緯八度の緯線により、インド洋北部を東のベンガル湾と西のアラビア海とに区分する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コモリン岬
こもりんみさき
Cape Comorin

インド半島最南端、タミル・ナド州南部の岬。北緯8度5分、東経77度33分に位置し、ここでアラビア海ベンガル湾マンナール湾)、インド洋の3海が合する。インド名をカニヤ・クマリ(処女岬)という。ヒンドゥー教の聖地で、沖合いのビベカナンド岩にはマルコ・ポーロの旅行記にも記された有名なクマリ寺院がある。インド国内では、太陽が海から昇り海に沈むのはこの地だけであり、日没と日の出の時刻には大勢の人が集まって沐浴(もくよく)をする風景がみられる。M・ガンディーの遺灰はここから流され、その記念聖堂もある。[成瀬敏郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コモリン岬の関連キーワード鉄カルボニルCOCo.Aluminium Ltd.Co.American Tabacco,Co.Arnohold Carberg & Co.Co-operative Republic of Guyanaco-operative systemDow Jones & Co.,Inc.Co-ed

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コモリン岬の関連情報