コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリシウム コリシウム 〈ラテン〉Corycium

3件 の用語解説(コリシウムの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コリシウム(〈ラテン〉Corycium)

フィンランドの先カンブリア時代の千枚岩から産出する化石。18億年以上前のもの。藻類と考えられ、薄い石墨の膜からなり、細い袋状を呈する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コリシウム【Corycium】

J.J.ゼーダーホルムにより,フィンランド先カンブリア時代前期とされる千枚岩(変成岩)のなかから,藻類の化石の一種として,Corycium enigmaticumの学名をつけて記載された(1911),見かけ上小さな袋の形をとる石墨の集合体。1950年代後半になって,先カンブリア時代前期のバクテリアやラン藻の化石が多数確認されるまでは,最古の化石として取り扱われたこともあったが,その種名の示すように(enigmaticumは,説明できない,不明瞭なものという意味),化石か否か当初から疑問視されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コリシウム
こりしうむ
[学]Corycium

1911年にフィンランドの約16億年前の石墨片岩から発見された、輪になっている紐(ひも)状のもので、藻類の化石と考えられてCoryciumと命名された。しかし、炭素粒子でできていて、変成作用に伴って生じた偽化石の疑いももたれた。その後、アメリカのカーネギー研究所は、この化石に含まれている硫黄(いおう)の安定同位体である分子量34と32の比や、炭素同位体の分子量12と13の比を調べて、生物起源の化石であることが確認されたとしているが、現在でもなお疑問が残されている。コリシウムが発見された当時は、貴重な最古の化石として注目されたが、現在では生命の化石の記録は38億年前までさかのぼり、藍(らん)藻の化石の記録も約30億年前にまでさかのぼり、20億年前の緑藻、褐藻などの化石も発見されている。[大森昌衛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コリシウムの関連キーワードバフィン島フィン人フィンランディアフィンランド語キーホルダーフィーダーマイクロリーダーアクティブレーダーホーミングリーダーペーパーリッダーホルム教会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone