コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリント戦争 コリントせんそうCorinthian War

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コリント戦争
コリントせんそう
Corinthian War

前 395~386年スパルタの覇権に不満をもったアテネ,テーベアルゴスコリントなどの同盟軍が,ギリシア諸市の分裂抗争をもくろむアケメネス朝ペルシアに援助されて起した対スパルタ戦争。前 386年のアンタルキダスの和約 (大王の和約) はアンタルキダスの画策によりスパルタに有利なものとなり,一方,ペルシアの小アジア支配が承認された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コリント戦争
こりんとせんそう

紀元前4世紀初めの、スパルタと他のギリシアの強国との間の戦争。前4世紀の初頭、小アジアのギリシア都市の帰属をめぐってスパルタと争ったペルシアは、軍資金をもった使節をギリシアに送り、反スパルタの軍事行動を扇動した。前395年テーベがスパルタに反抗し、アテネ、コリントKrinthos、アルゴスもこれに続いた。陸上では前394年にコリント地域をめぐる戦闘でスパルタとその同盟軍が勝利を得たが、海上ではペルシア艦隊が、アテネ人コノンらの指揮のもと、スパルタのエーゲ海支配を破り、ラコニア沿岸を脅かした。前393年以降戦線は膠着(こうちゃく)状態となり、スパルタはペルシアとの和平を画策し始めた。一方、前389年からアテネ艦隊は小アジア沿岸で活発な行動を展開し、ペルシア王の不信を招いた。結局、ペルシアはスパルタ側につき、前386年締結のアンタルキダスの条約で戦争は終結し、スパルタの覇権が一時的に強化される結果となった。[篠崎三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android