コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルク化 コルクカ

2件 の用語解説(コルク化の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コルク‐か〔‐クワ〕【コルク化】

細胞壁にスベリンなどがたまって厚くなること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルク化
こるくか

二次肥大成長をおこす植物の茎や根の皮層のコルク組織の細胞壁にスベリンが堆積(たいせき)して肥厚する現象。スベリンは長鎖のヒドロキシ脂肪酸やジカルボン酸を含む重合体で、クチンに似て水や空気を通さず、化学的にもかなり安定である。コルク化をおこした細胞は死に、細胞内に空気が入る。そのためにこの組織(コルク)は軽く弾力に富み、熱や電気の伝導への抵抗が強く、特異な性質を現す。イギリスのロバート・フックがこの性質に興味を抱いて細胞を発見したのは有名である。[佐藤七郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルク化の関連キーワードコルク組織細胞壁離層細胞壁溶解酵素がた艱難汝を玉にす厚膜細胞肥厚スベリン木質化

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone