コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルク化 コルクカ

デジタル大辞泉の解説

コルク‐か〔‐クワ〕【コルク化】

細胞壁にスベリンなどがたまって厚くなること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルク化
こるくか

二次肥大成長をおこす植物の茎や根の皮層コルク組織の細胞壁にスベリンが堆積(たいせき)して肥厚する現象。スベリンは長鎖のヒドロキシ脂肪酸やジカルボン酸を含む重合体で、クチンに似て水や空気を通さず、化学的にもかなり安定である。コルク化をおこした細胞は死に、細胞内に空気が入る。そのためにこの組織(コルク)は軽く弾力に富み、熱や電気の伝導への抵抗が強く、特異な性質を現す。イギリスのロバート・フックがこの性質に興味を抱いて細胞を発見したのは有名である。[佐藤七郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コルク化の関連キーワードマンネンタケ(万年茸)マユハキタケ(眉掃茸)そうか(瘡痂)病コルク形成層バーク堆肥二次組織カボチャ葉焼病気根皮目

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android