コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二次的 ニジテキ

3件 の用語解説(二次的の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にじ‐てき【二次的】

[形動]主となる物事に対して、それに付随する関係にあるさま。また、ある物事から派生したもので、それほど重要でないさま。副次的。「二次的な災害」「二次的な問題」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

二次的

一般に外力砕屑的(epiclastic)な岩石,および既存の鉱物が変質の結果形成された鉱物に用いる.二次的鉱物は,仮像(pseudomorph)またはparamorphのようにその場所で形成され,またはこれらは溶液が浸透して岩石の間に沈澱して形成される.この語は後の作用でもたらされた変質作用に限定すべきで,初生的な鉱物の成因に関することとは独立したものである[Lyell : 1835, Loewinson-Lessing : 1894, Holmes : 1920].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

にじてき【二次的】

( 形動 )
ある現象や事柄が、他の主要なものに対して従属した関係にあるさま。副次的。 「 -な問題」 「 -災害」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二次的の関連情報