コロラド・ロッキーズ(読み)ころらどろっきーず(英語表記)Colorado Rockies

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コロラド・ロッキーズ
ころらどろっきーず
Colorado Rockies

アメリカのプロ野球球団。ナショナル・リーグ所属(西地区)。フランチャイズをコロラド州デンバーに置き、クアーズ・フィールドを本拠地としている。
 ナショナル・リーグの球団数拡張が行われた1993年に新球団として誕生し、西地区に配属された。初年度からアンドレス・ガララーガAndres Galarraga(1961― )が首位打者となったが、チームは6位に終わった。両リーグ3地区制となった1994年からも西地区所属。創設当初、NFL所属のアメリカンフットボールチーム、デンバー・ブロンコスの本拠地マイルハイ・スタジアムを間借りしていたが、1995年に野球専用の現本拠地が開場した。同年、ガララーガ、ダンテ・ビシェットDante Bichette(1963― )、ラリー・ウォーカー、ビニー・カスティーヤVinny Castilla(1967― )とホームラン30本以上をマークする打者が4人もそろう強力打線を形成し、プレーオフに進出したがアトランタ・ブレーブスに敗れた。1996年にガララーガが本塁打と打点の二冠王、97年にウォーカーが本塁打王で最優秀選手(MVP)、98年と99年はウォーカーが首位打者、2000年にトッド・ヘルトンが首位打者と打点王、01年にふたたびウォーカーが首位打者、03年はプレストン・ウイルソンPreston Wilson(1974― )が打点王、04年はカスティーヤが打点王と、その後も強力打線を維持したが地区優勝はできなかった。[山下 健]

2005年以降

2005年は最下位、06年は4位と低迷したが、07年はワイルドカード(リーグごとに各地区優勝チーム以外の最高勝率チームに与えられるプレーオフ進出の権利)でプレーオフへ進出。アリゾナ・ダイヤモンドバックスを4連勝で降してリーグ優勝したが、ワールド・シリーズではボストン・レッドソックスに4連敗を喫し、「世界一」を逃した。前年のシーズン途中にニューヨーク・メッツからトレード移籍した松井稼頭央(かずお)も好成績を残し、チームのリーグ優勝に貢献した。なお、そのほか日本人選手では、吉井理人(まさと)投手(2000年)らがプレー。
 1993年から2007年までの通算成績は、1115勝1253敗、地区優勝0回、リーグ優勝1回、ワールド・シリーズ優勝0回。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

コロラド・ロッキーズ

《Colorado Rockies》MLB(メジャーリーグ・ベースボール)加盟のプロ野球チーム。略称はCOL。ナショナルリーグ西地区に1993年から所属。本拠地はアメリカ、コロラド州デンバー、クアーズ・フィールド。加盟年である93年に年間観客動員数が448万人を超え、大リーグ記録となった。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コロラド・ロッキーズの関連情報