コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンコルディア Concordia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンコルディア
Concordia

アルゼンチン北東部,エントレリオス州北東部の都市。首都ブエノスアイレスの北約 350km,ウルグアイ川西岸に位置する河港都市で,同川をはさんでウルグアイサルトと相対する。 1832年建設。同州の主要な商工業中心地で,なめし皮,製材,製粉,精米などの工業が立地する。港は穀物,柑橘類などの積出港であるとともに,ウルグアイ川上流部へ向う小型船への貨物積替港となっている。競馬場,ゴルフ場などの行楽施設があり,川では魚釣りなどが楽しめるため観光客も多い。州内各地と鉄道,道路で結ばれる。人口 13万 8905 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンコルディア
こんこるでぃあ
Concordia

インド北部、カラコルム山脈のほぼ中央部、北から南へ流れるゴドウィン・オースティン氷河が、東西に流れるバルトロ氷河(延長58キロメートル)と合流する地点。標高4600メートル。パリのコンコルド広場にあやかって、イギリスの登山家マーティン・コンウェーによって名づけられたという。コンコルディアとはギリシア神話の「平和の女神」のこと。ここからぐるりとK2をはじめとする8000メートル峰が視界に入り、さながら円形劇場をしのばせる。[金子史朗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コンコルディアの関連キーワードシドニー フィンケルシュタインファルチャン・カンリ[山]アグリジェントの遺跡地域シュレーゲル(兄弟)ゴードン オコナーレオナルド ボフウーク チャングガッシャブルム山EU緊急対応部隊アグリジェントアレッチ氷河クレイトンルフィヌス東日本銀行神殿の谷横浜銀行モリナ朝刊

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンコルディアの関連情報