コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンチン・パブロビッチ Konstantin Pavlovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンチン・パブロビッチ
Konstantin Pavlovich

[生]1779.5.8. ツァールスコエセロー
[没]1831.6.27.
ロシアの大公。パーベル1世の次男。 1805年アウステルリッツの戦いに参加,武名を揚げる。 14年ポーランド総督に就任。 25年兄アレクサンドル1世が死んだとき,帝位継承法に基づき即位するはずであったが,ウスペンスキー大聖堂に保管されていたアレクサンドルの遺書で継承権を辞退していることが判明,弟のニコライ (のちの1世) が帝位についた。この3週間の空位時代にデカブリストの蜂起が決行された。引続きワルシャワにとどまったが,放縦な性格のため,30年ポーランドの革命反乱の際,指揮下の軍隊の離反にあい,反乱鎮圧の前にコレラで死んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コンスタンチン・パブロビッチの関連キーワード後桃園天皇カージャール朝ティチングブロンホフ後桃園天皇平賀源内カージャール朝後桃園天皇浦上玉堂インゲンホウス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android