コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンチェルティーノ concertino

翻訳|concertino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンチェルティーノ
concertino

音楽用語。 (1) コンチェルト・グロッソにおける独奏者群 (17~18世紀) 。 (2) オーケストラを伴う1つあるいはそれ以上のソロの楽器のための作品。自由な形式で普通のコンチェルトよりも小規模。たとえばウェーバークラリネットとオーケストラのためのコンチェルティーノ op.26。 (3) ストラビンスキーの用語。彼は第1バイオリンがソロの役割をしている弦楽四重奏曲にこの名称を与えた (1920) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のコンチェルティーノの言及

【協奏曲】より


[種類]
 協奏曲の種類は独奏楽器の数と種別によって分けられる。器楽協奏曲のうち,歴史的に最も古いのは合奏協奏曲(コンチェルト・グロッソconcerto grosso)で,三つ以上の楽器を含む独奏群(これは元来〈小協奏部〉コンチェルティーノconcertinoと呼ばれた)と弦楽またはそれを主体とする合奏群(これは元来〈大協奏部〉concerto grossoと呼ばれた)とからなり,両者のあいだで音量や音色の対比が求められる。これに対して,18世紀の中ごろから主流を占めるのが単一の独奏楽器とオーケストラからなる独奏協奏曲(ソロ・コンチェルトsolo concerto)で,独奏楽器の種別に応じてピアノ協奏曲,バイオリン協奏曲,フルート協奏曲などと呼ばれる。…

※「コンチェルティーノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

コンチェルティーノの関連キーワードバーンスタイン(Elmer Bernstein)ドミトリー シトコヴェツキーディーナ ヨッフェ合奏協奏曲フランセ協奏曲

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンチェルティーノの関連情報