コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンポジット・インデックス コンポジット・インデックスcomposite index; CI

1件 の用語解説(コンポジット・インデックスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンポジット・インデックス
composite index; CI

景気に敏感な各種指標の量的な動きを合成した指標のことで,主として景気の量感を把握することを目的としている。景気動向指数 (DI) と同様,内閣府が毎月作成・公表している。 DIが採用系列の変化方向を単純に合成した指標であり,その水準自体の変化は,景気変動の大きさや振幅とは直接的には関係がないのに対して,CIは各種指標の変化率を合成したものであるため,景気変動の大きさやテンポを見るのに適しているという特徴がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンポジット・インデックスの関連情報