コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーガン Kogan, Pëtr Semënovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーガン
Kogan, Pëtr Semënovich

[生]1872.5.20.
[没]1932.5.2. モスクワ
ロシア,ソ連の文学史家,評論家。主著『ロシア現代文学史概説』 Ocherki po istorii noveishei russkoi literatury (1908~12) ,『西欧演劇史概説』 Ocherki po istorii zapadnoevropeickogo teatra (34) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

コーガン

ロシア(ソ連)のバイオリン奏者。ウクライナの生れ。少年時代からアウアー門下のA.ヤンポリスキーに師事し,その後モスクワ音楽院に学ぶ。1951年ブリュッセルのエリザベート王妃国際音楽コンクールで優勝。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コーガン
こーがん
Леонид Борисович Коган Leonid Borisovich Kogan
(1924―1982)

ソ連のバイオリン奏者。ウクライナのドニエプロペトロフスク生まれ。モスクワ音楽院を卒業、1951年エリーザベト国際コンクールで第1位となり、西側諸国にその存在を知られ、55年から活発な国際的活動を開始、58年(昭和33)初来日。オイストラフに続く巨匠として大成が期待されたが、技巧的には卓越したものをもちながら、表現に深さを加えることができないままで終わった。52年以来モスクワ音楽院で教え、多くの後進を育てた。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コーガンの関連キーワードジョージ・V. ヒギンズヴィクトリア ムローヴァチョー・オユー[山]ジミー チェンバレンジェームス イハエクス・コーガンビリー コーガンヌンクン山群11月14日3月17日タイトー6月1日ヌン山

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コーガンの関連情報