コーパスクリスティ(英語表記)Corpus Christi

翻訳|Corpus Christi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「コーパスクリスティ」の解説

コーパスクリスティ
Corpus Christi

アメリカ合衆国,テキサス州南部の都市。コーパスクリスティ湾にのぞむ。 1838年まではスペインの統治下で牧場が経営されたが,その年に L.キニーが交易所を設置し,その後開拓者による交易,農牧場経営などが行われた。 1923年天然ガスが,39年油田が発見され,それ以後石油化学工業都市として発展。アルミニウム,ガラス,海産物加工などの工業も立地。温暖な気候沃な土壌に恵まれ,農業,水産業,観光も盛ん。穀物綿花鉱石などの積出港であり,海軍基地にもなっている。人口 30万5215(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「コーパスクリスティ」の解説

コーパス‐クリスティ(Corpus Christi)

米国テキサス州南部の都市。メキシコ湾に通じるコーパスクリスティ湾に面する。湾岸で石油・天然ガスを産し、石油化学工業が発達。温暖な気候のため、保養地としても知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android