コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コープレイ コープレイkouprey

翻訳|kouprey

デジタル大辞泉の解説

コープレイ(kouprey)

《「クープレイ」とも》ウシ科の哺乳類。野生のウシ類の一種。インドシナとタイ国境に分布。頭胴長2~2.2メートル、体重700~900キロ。絶滅の危険がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コープレイ
こーぷれい
koupreygray ox
[学]Bibos sauveli

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。別名ハイイロヤギュウ(灰色野牛)。本種の発見は1937年で、カンボジアおよびラオスの森林に生息する。体格は同じウシ科のガウルとバンテンの中間ほどで、肩高1.7~1.9メートル、雌はやや小形である。角(つの)は雌雄ともにあり、後方に曲がり、さらに外上方に傾斜する。特徴的なのはその先端で、端から13センチメートルほどの部分は表面がささくれのようにはげ、内部の黒色部が露出する。体色は黒褐色で毛は短い。前後肢の下部は白色、前肢の前下方に暗色帯がある。1940年にパリ動物園で飼育されたのが唯一の例で、習性なども不明な点が多い。数も少なく、国際的な保護が要請されている。[中川志郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone