コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴマルス Gomarus, Franciscus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴマルス
Gomarus, Franciscus

[生]1563.1.30. ブリュージュ
[没]1641.1.11. フローニンゲン
オランダのカルバン派神学者。オランダ語ではホマルス。ストラスブール大学,オックスフォード大学などで学び,1587年から,迫害で追放される 93年まで,フランクフルトアムマインのオランダ改革教会牧師。 94年ライデン大学神学教授。 1603年同僚教授となった J.アルミニウスと論争,辞職して 17年フローニンゲン大学神学教授となる。カルバンの予定説に関して,救済における人間の自由意志を主張するアルミニウスに反対して,ゴマルスは正統カルバン主義者として,救いと滅びについての神の二重予定の堕罪以前説を主張し,反アルミニウスの急先鋒に立つ。 18年のドルト教会会議では,中心人物として活躍し,同派を異端として断罪した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゴマルスの関連キーワードアルミニウス(Jacobus Arminius)対抗レモンストラント派オランダ改革派教会アルミニウス派1月30日ゴマルス派ホマルスフート

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android