コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴンチャロワ ゴンチャロワ Goncharova, Nataliya Sergeevna

2件 の用語解説(ゴンチャロワの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴンチャロワ
ゴンチャロワ
Goncharova, Nataliya Sergeevna

[生]1881.6.4. トゥーラ
[没]1962.10.17. パリ
ロシアの女性画家,彫刻家,舞台美術家。 1898~1904年モスクワ美術学校で学ぶ。 1910年以来レイヨニズム運動を始め,抽象的作風に向かう。 1914年夫の M.ラリオノフとパリに出て S.ディアギレフバレエ・リュス舞台美術を担当,舞台美術ならびにロシアのモダン・アートの発展に尽くした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゴンチャロワ【Natalia Sergeevna Gontcharova】

1881‐1962
女流画家。ロシアに生まれ,夫ラリオノフの影響で彫刻から絵画に転じ,ロシアの民俗版画ルボークを発見,西欧近代美術,とくに未来派に共鳴しながら素朴で力強い画風の立体未来派の代表作家となった。1913年には夫とともに光線主義(レイヨニスムRayonnismeロシア語ではルチズムLuchizm)を唱えたが,15年ディアギレフの招きでパリに移住し,以後バレエ・リュッスの舞台美術や書物の装丁などの分野で活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のゴンチャロワの言及

【ラリオーノフ】より

…マレービチとともにロシアにおける最初期の抽象画家と目されるが,その革新的芸術はロシアの伝統的文化(イコン,民衆版画ルボーク,農民の刺繡など)への強い愛着から生まれたものであった。15年,妻のゴンチャロワとともにパリに移り,バレエ・リュッスの舞台美術を手がけた。【長澤 和俊】。…

※「ゴンチャロワ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゴンチャロワの関連キーワード福本春子カウフマンフタロシアニン染料記憶よ、語れマレービチボリス・ゴドノフロマノフの幻を追えラリオーノフ佐野ぬい銅フタロシアニン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone