ゴールデンバット

精選版 日本国語大辞典の解説

ゴールデン‐バット

(Golden Bat 「金色のコウモリ」の意) 日本の両切りタバコの一銘柄。明治三九年(一九〇六)から発売されている。第二次大戦中、金鵄(きんし)と改名。バット。
※人生劇場(1933)〈尾崎士郎〉青春篇「袂の中からゴールデン・バットをとりだしたのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のゴールデンバットの言及

【タバコ(煙草)】より

…(3)両切りタバコ 第1次大戦後,不況の慢性化とともにタバコには低価格品への需要の転移が激化した。手軽で安価な両切りタバコの下級品,なかでも〈ゴールデンバット〉の売行きが著しく伸長した。販売数量も,両切りタバコは30年に口付きタバコを追い抜き,34年には刻みタバコをしのぎ,両切りタバコ時代を確立した。…

※「ゴールデンバット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android