コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴール語 ゴールごGaulish language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴール語
ゴールご
Gaulish language

ケルト語派に属する言語で,前5~後5世紀,ヨーロッパガリアの地に行われていた。 200近い碑文が残っているが,言語の詳しいことは知られていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ゴール語【ゴールご】

インド・ヨーロッパ語族のケルト語派に属する言語で死語。Gaulish。紀元前にガリア,イベリア半島のほか小アジアまで広く話されていたケルト人の言語で,大陸ケルト語ともいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴールご【ゴール語 Gaulish】

ガリア語ともいい,一般にケルト語派のうちの大陸ケルト語の称。北イタリア,フランスなどのガリアの地で行われたが,5世紀にはラテン語の勢力に吸収されて滅んだ。ブリタニック諸語と共にいわゆるp‐群に属している(例えばラテン語quattuor〈四つ〉,アイルランド語ceathairに対しゴール語petor‐)。ゴール語については古典作家によるおびただしい言及があるが,ゴール(ガリア)人自身による言語資料は乏しく,この言語の形態には不明な点が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ゴール語の関連キーワードインド・ヨーロッパ語族ダフール族(達斡爾族)モンゴル諸語モンゴル語ダウール語ダグール語ダゴール語モゴール語アルビオンダフール語フランス語モゴール

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android