コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴール語 ゴールご Gaulish language

3件 の用語解説(ゴール語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴール語
ゴールご
Gaulish language

ケルト語派に属する言語で,前5~後5世紀,ヨーロッパのガリアの地に行われていた。 200近い碑文が残っているが,言語の詳しいことは知られていない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ゴール語【ゴールご】

インド・ヨーロッパ語族のケルト語派に属する言語で死語。Gaulish。紀元前にガリア,イベリア半島のほか小アジアまで広く話されていたケルト人の言語で,大陸ケルト語ともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ゴールご【ゴール語 Gaulish】

ガリア語ともいい,一般にケルト語派のうちの大陸ケルト語の称。北イタリアフランスなどのガリアの地で行われたが,5世紀にはラテン語の勢力に吸収されて滅んだ。ブリタニック諸語と共にいわゆるp‐群に属している(例えばラテン語quattuor〈四つ〉,アイルランド語ceathairに対しゴール語petor‐)。ゴール語については古典作家によるおびただしい言及があるが,ゴール(ガリア)人自身による言語資料は乏しく,この言語の形態には不明な点が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゴール語の関連キーワードウドムルト語ケルト語派語派スラブ語派バルト語派ハンティ語ブルガリア語フィン語古代プロイセン語イタロ・ケルト語派

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴール語の関連情報