コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイホウチョウ Orthotomus; tailorbirds

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイホウチョウ
Orthotomus; tailorbirds

スズメ目セッカ科サイホウチョウ属の鳥の総称。全長 12~16cmで,12種からなる。羽色は一般に背面がオリーブ色または褐色で,下面は白い。大きめの 2枚の葉の縁を植物の繊維やクモの糸で縫い合わせて袋状の巣をつくることで有名で,英名,和名ともこの習性に由来する。袋状の巣内には草などを敷く。南アジア,ヒマラヤ山脈東部,中国南部,東南アジアに分布し,開けた林や低木林,庭園などに生息する。アフリカ東部に生息するアフリカサイホウチョウ Artisornis metopias とハシナガイロムシクイ A. moreaui はサイホウチョウ属から除かれたが,巣づくりの習性は同様だと考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイホウチョウ
さいほうちょう / 裁縫鳥
tailorbird

鳥綱スズメ目ヒタキ科ウグイス亜科サイホウチョウ属に含まれる鳥の総称。この属Orthotomusの約10種のうちに、枝についたままの大きな木の葉1、2枚を、クモの糸などを用いてびょうで留めるように縫い合わせて巣をつくる種があり、和名と英名は、この習性からつけられた。イギリスの小説家キップリングJ. R. Kiplingが『ジャングル・ブック』で紹介してから、広く知れ渡った。インドから大スンダ列島にかけて分布し、各種とも渡りはしない。いずれもやぶの中で昆虫を捕食する。
 人家近くにすむことが多く、人々になじみが深いオナガサイホウチョウO. sutoriusは、全長約13センチメートル、嘴(くちばし)はやや長く下に曲がっており、長い尾を垂直に立てる習性がある。額から頭頂にかけて赤褐色のほかは、上面がオリーブ褐色、下面は灰色をしている。チーヤッと聞こえる単純な声を繰り返して鳴き、聞いている人間をしだいにいらいらさせる鳥として悪名が高い。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サイホウチョウの関連キーワードサイホウチョウ(裁縫鳥)裁縫鳥

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サイホウチョウの関連情報