コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイード サイード Said, Edward

5件 の用語解説(サイードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイード
サイード
Said, Edward

[生]1935.11.1. イギリス信託統治エルサレム
[没]2003.9.25. アメリカ合衆国ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国の文学研究者,政治活動家,批評家。フルネーム Edward Wadie Said。裕福なプロテスタントの家系に生まれたアラブパレスチナ人。カイロビクトリアカレッジに学んだあとアメリカに渡る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サイード(Edward William Said)

[1935~2003]パレスチナ出身の米国の批評家・文学研究者。コロンビア大教授。1978年発表の著作「オリエンタリズム」では、西欧中心の中東・アジア観を指摘・批判した。他に「世界・テキスト・批評家」「文化と帝国主義」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サイード

パレスティナ出身の米国の批評家。コロンビア大学比較文学教授。コンラッドの研究者ならびに現代フランスの批評理論の紹介者として出発,《オリエンタリズム》(1978年)でオリエントアラブ世界)を捏造する言説を歴史的に概観・批判し,現代のポスト・コロニアル批評の震源地となる。
→関連項目オリエンタリズムポストコロニアリズム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

サイード【Edward Said】

1935~2003) エルサレム生まれのアメリカの批評家。著作「オリエンタリズム」により西洋が東洋を見る視線にひそむ偏見をあばき、批判した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイード
さいーど
Edward William Said
(1935―2003)

アメリカの英文学、比較文学者。イギリス委任統治時代のエルサレムに生まれたパレスチナ人で、1948年エジプトのカイロに移り住む。1950年にアメリカに渡り、プリンストン大学ハーバード大学に学び、アメリカの市民権を取得。1967年からコロンビア大学準教授、1969年からは同教授。ビコや、フーコーデリダドルーズドゥルーズ)らポスト構造主義者の影響下に批評活動を展開し、『始まりの現象――意図と方法』(1975)、『世界・テキスト・批評家』(1983)、『文化と帝国主義』(1993)などを発表した。
 サイードの名が世界的に知られるようになるのは1978年に発表した著書『オリエンタリズム』によってである。従来、東方趣味、東方研究、エキゾチシズム、といった「オリエンタリズム」の語義に、サイードのこの著書によって新しい意味が加えられた。すなわちオリエンタリズムとはヨーロッパ人が自らの文化的優位を示すために、ヨーロッパとは異なるものとしてオリエントを表象しようとしてつくりあげた観念であり、そこにはヨーロッパ中心主義が反映している、というのである。さらにサイードによれば、イスラムを対象とするオリエンタリズムは、ユダヤ人を対象とする反ユダヤ主義に似ているという。ヨーロッパ人が心に描くイスラム教徒、トルコ人、アラブの表象は、かつてヨーロッパ人にとってイスラムが象徴したきわめて危険な力を矮小化(わいしょうか)したものにほかならない。
 サイードのこの鋭い指摘は欧米の言論界、学界に広範な議論を巻き起こした。この書は新しいオリエンタリズム芸術研究が起こる引き金になったばかりでなく、ポスト植民地主義時代の多元的な文化論として、カルチュラル・スタディーズの一翼を担うものとして評価された。
 しかし、こうしてヨーロッパ人の優越意識に激しく抗議するサイードは、けっして特定の立場、イデオロギーを代表するものではない。サイードは自分の役割を知識人のそれと規定する。著書『知識人とは何か』(1994)によれば、知識人とは権力にへつらう堕落した専門家ではなく、権力に対して真実を語ることができるアマチュアであるべきであるとし、自ら言説をもってそれを実践しようとした。[久米 博]
『今沢紀子訳『オリエンタリズム』(1986/上下、1993・平凡社) ▽エドワード・W・サイード著、浅井信雄他訳『イスラム報道』(1986/増補版・2003・みすず書房) ▽山形和美他訳『始まりの現象――意図と方法』(1992・法政大学出版局) ▽山形和美訳『世界・テキスト・批評家』(1995・法政大学出版局) ▽大橋洋一訳『知識人とは何か』(1995・平凡社) ▽大橋洋一訳『文化と帝国主義』1、2(1998、2001・みすず書房) ▽エドワード・サイード著、中野真紀子訳『ペンと剣』(1998・クレイン/ちくま学芸文庫) ▽四方田犬彦訳『パレスチナへ帰る』(1999・作品社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サイードの関連キーワードイギリス革命イギリス労働組合会議イギリスオランダ戦争イギリスビルマ戦争イギリス巻イギリスパンイギリス組曲イギリス・ロマン派学会イギリス下見イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サイードの関連情報