ササラダニ(簓蜱)(読み)ササラダニ(英語表記)oribatid mites

世界大百科事典 第2版の解説

ササラダニ【ササラダニ(簓蜱) oribatid mites】

蛛形(ちゆけい)綱ダニ目ササラダニ亜目Oribatei(Oribatida,Cryptostigmata)に属する自活性の節足動物の総称。体長0.3~1.5mm,褐色~黒色で甲虫のように堅い表皮に覆われるものが多い。おもに土,落葉,コケの中にすみ,植物質の腐りかけたものを食べ,生態系の中で分解者の重要な役割を果たす。自然がよく保たれた森林土壌では1m2当り数万匹も生息し,日本に数百種もいる。【青木 淳一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android