コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サダソウ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サダソウ

ペペロミア」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サダソウ
さだそう / 佐多草
[学]Peperomia japonica Makino

コショウ科の多年草。茎や葉は肉質で短い軟毛に覆われる。葉は輪生する。花はごく小さく、両性で穂状花序につき、花被(かひ)はなく、盾状の包葉に抱かれ、2本の雄しべと1本の雌しべからなる。果実は球形で小さく、種子は1個。海岸近くに生え、四国、九州南部および南西諸島に分布する。名は、生育地の大隅(おおすみ)半島佐多岬にちなむ。小笠原(おがさわら)諸島には本種と同属で茎や葉が無毛のシマゴショウがある。サダソウ属は1000種余りが世界の熱帯、亜熱帯に分布し、葉が美しいので観賞用に広く栽培されている。[大森雄治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サダソウの関連キーワードコショウ科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android