サピ島(読み)サピトウ

デジタル大辞泉の解説

サピ‐とう〔‐タウ〕【サピ島】

Pulau Sapi》マレーシア、ボルネオ島北東部、サバ州の都市コタキナバルの沖合に浮かぶ島。ガヤ島マヌカン島、同島をはじめ大小5島とその周辺海域がトゥンクアブドゥルラーマン国立公園に指定されている。白い砂浜やサンゴ礁に囲まれ、スキューバダイビングの名所として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

サピとう【サピ島】

マレーシアのボルネオ島東部、サバ州の州都コタキナバルの沖に浮かぶ無人島。コタキナバルからボートで20分ほどの位置にある珊瑚礁の島で、トゥンクアブドゥルラーマン公園の一角を形成している。◇サピ島のビーチの美しさは同公園一ともいわれ、海水浴、シュノーケリング、ダイビングなどのマリンレジャーで人気がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android