コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サピ島 サピトウ

デジタル大辞泉の解説

サピ‐とう〔‐タウ〕【サピ島】

Pulau Sapi》マレーシア、ボルネオ島北東部、サバ州の都市コタキナバルの沖合に浮かぶ島。ガヤ島マヌカン島、同島をはじめ大小5島とその周辺海域がトゥンクアブドゥルラーマン国立公園に指定されている。白い砂浜やサンゴ礁に囲まれ、スキューバダイビングの名所として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

サピとう【サピ島】

マレーシアのボルネオ島東部、サバ州の州都コタキナバルの沖に浮かぶ無人島。コタキナバルからボートで20分ほどの位置にある珊瑚礁の島で、トゥンクアブドゥルラーマン公園の一角を形成している。◇サピ島のビーチの美しさは同公園一ともいわれ、海水浴、シュノーケリング、ダイビングなどのマリンレジャーで人気がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

サピ島の関連キーワードティモール島バリ島プルフンティアン島ペナン島レダン島アロール島アンボイナ島アンボン島ウェタル島エンガノ島

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android