コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サマーラ Samara

翻訳|Samara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サマーラ
Samara

1935~91年はクイブイシェフ Kuibyshev。ロシア西部,サマーラ州の州都。ボルガ川中流部の大きな湾曲部にサマーラ川が流入する地点に位置する。 1586年ボルガ川の水路を守る要塞が建設されたことに始り,この水路と,サマーラ川を経てウラル地方へ達する交易路との交点にあたったため,交易中心地として繁栄。 1930年代から重工業化政策が進められ,また第2次世界大戦中,前線から離れていたため,政府機関をはじめ多くの工場が疎開してきたこともあって,工業が急速に発達。戦後のボルガ=ウラル油田開発とも相まって,ロシア有数の工業都市となった。主要工業は製油,石油化学,機械 (化学工業用設備,食品工業用設備,製油プラント,ボールベアリング,ケーブル,航空機部品) ,建設資材,食品など。教育,文化の中心地で,大学,博物館,劇場,映画撮影所などがある。近郊には新興工業都市や衛星都市が建設されている。交通の要地で,ボルガ川の重要な河港であるとともに,モスクワ,ウファやボルガ川下流方面と結ぶ幹線鉄道が集り,空路でもロシア各地と連絡。人口 116万4896(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

サマーラ【Samara】

ロシア連邦、ボルガ川中流の東岸に位置する河港都市。機械・石油化学などの工業が発達。旧称、クイビシェフ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

サマーラの関連キーワードチェルノフ(Viktor Mihaylovich Chernov)ヴィクトール チェルノフジョン・ヘンリー オハラ東京都あきる野市上代継ノボクイブイシェフスククンツェウィチョーワドネプロペトロフスクブグリマベレベイ丘陵ゴーリキー(年譜)トリヤッチグラードアリメチエフスクノボモスコフスクボルガ川沿岸丘陵モルドビア共和国ジグリョフスク秋川〈地区名〉サマーラ人造湖チャパエフスクオレンブルグ州びわ湖バレイ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android