サモア語(読み)サモアご

精選版 日本国語大辞典 「サモア語」の意味・読み・例文・類語

サモア‐ご【サモア語】

〘名〙 ポリネシア語派に属する言語一つサモア諸島およびアメリカ合衆国ニュージーランドサモア人集落で話される。サモア諸島では英語と並ぶ公用語

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「サモア語」の意味・わかりやすい解説

サモア語
さもあご

サモア諸島(アメリカ領サモアとサモア、約20万人)で使用されるポリネシア諸言語の一つ。母音はa, e, i, o, u、子音はf, g(ng[ŋ]と発音), l, m, n, p, s, t(日常語では[k]と発音), v,‘(声門閉鎖音[ʔ])、外来語としてh, k, r。音節は母音一つまたは子音+母音。接尾辞、小詞に富む。基本語順は動詞+主語+目的語(O lo‘o‘a‘ai Malia ma Ioane i fa‘i.マリアとヨハネがバナナを食べている)。またmataiとよばれる、高い身分の人に対して用いられる敬語がある。

杉田 洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「サモア語」の意味・わかりやすい解説

サモア語【サモアご】

南太平洋サモア諸島のポリネシア系住民の言語。話し手は12万人。ハワイ語マオリ語などとともにアウストロネシア語族ポリネシア諸語に属し,その古形を保つといわれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「サモア語」の意味・わかりやすい解説

サモア語
サモアご
Samoan language

サモア諸島の先住民の言語。話し手約 20万人。オーストロネシア語族ポリネシア語派に属する。サモアの国語になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内のサモア語の言及

【アメリカ領サモア】より

…熱帯貿易風気候で,1年を通じ高温多湿である。サモア人はポリネシア人種に属し,アウストロネシア語族ポリネシア語の一分枝としてのサモア語を話す。英語が普及しているが,家族内ではサモア語を用いており,政府も2ヵ国語教育をめざしている。…

【オセアニア語派】より

…メラネシア諸語では,モトゥ語(ポート・モレスビー周辺),トライ語(ラバウル周辺),ハリア語(ブーゲンビル島),南エファテ語(バヌアツ共和国ポートビラ周辺),デフ語(ローヤルティ諸島リフ島),フィジー語Fijianなど数百の言語がやはりこの語派に属するが,ニューギニア島の内陸部と南岸部に分布する多くの言語はアウストロネシア語族にも属さない。ポリネシア諸語は,ハワイ語,タヒチ語,ラパヌイ語(イースター島),マオリ語(ニュージーランドなど),サモア語,トンガ語などすべてがこの語派に属する。オセアニア語派の言語の明確な下位分類とその相互関係はまだ明らかになってはいないが,ポリネシア諸語といわゆる〈外辺ポリネシア〉の諸言語(ミクロネシアのヌクオロ語やメラネシアのレンネル語など)とは,合して一つの語派,ポリネシア語派Polynesianを形成するとふつういわれる。…

※「サモア語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android