コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サモア語 サモアごSamoan language

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サモア語
さもあご

サモア諸島(アメリカ領サモアとサモア、約20万人)で使用されるポリネシア諸言語の一つ。母音はa, e, i, o, u、子音はf, g(ng[]と発音), l, m, n, p, s, t(日常語では[k]と発音), v,‘(声門閉鎖音[])、外来語としてh, k, r。音節は母音一つまたは子音+母音。接尾辞、小詞に富む。基本語順は動詞+主語+目的語(O lo‘o‘a‘ai Malia ma Ioane i fa‘i.マリアとヨハネがバナナを食べている)。またmataiとよばれる、高い身分の人に対して用いられる敬語がある。[杉田 洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサモア語の言及

【アメリカ領サモア】より

…熱帯貿易風気候で,1年を通じ高温多湿である。サモア人はポリネシア人種に属し,アウストロネシア語族ポリネシア語の一分枝としてのサモア語を話す。英語が普及しているが,家族内ではサモア語を用いており,政府も2ヵ国語教育をめざしている。…

【オセアニア語派】より

…メラネシア諸語では,モトゥ語(ポート・モレスビー周辺),トライ語(ラバウル周辺),ハリア語(ブーゲンビル島),南エファテ語(バヌアツ共和国ポートビラ周辺),デフ語(ローヤルティ諸島リフ島),フィジー語Fijianなど数百の言語がやはりこの語派に属するが,ニューギニア島の内陸部と南岸部に分布する多くの言語はアウストロネシア語族にも属さない。ポリネシア諸語は,ハワイ語,タヒチ語,ラパヌイ語(イースター島),マオリ語(ニュージーランドなど),サモア語,トンガ語などすべてがこの語派に属する。オセアニア語派の言語の明確な下位分類とその相互関係はまだ明らかになってはいないが,ポリネシア諸語といわゆる〈外辺ポリネシア〉の諸言語(ミクロネシアのヌクオロ語やメラネシアのレンネル語など)とは,合して一つの語派,ポリネシア語派Polynesianを形成するとふつういわれる。…

※「サモア語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サモア語の関連情報