コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラサエビ(更紗蝦) サラサエビRhynchocinetes uritai

世界大百科事典 第2版の解説

サラサエビ【サラサエビ(更紗蝦) Rhynchocinetes uritai】

岩礁の浅海にすむ甲殻綱サラサエビ科の美しいエビ(イラスト)。体長4.5cmほどになり,生きているときは透明で赤褐色の複雑な縞模様があり,また,まるい白い紋が並んでいる。額角は上に2~3本,先端近くに4~5本,下縁に8~11本のとげがある。額角の基部頭胸甲との関節があり,上下に動く。このような構造はサラサエビ類共通の特徴で,他のエビ類には見られないが,生態的に何かに役だっているかどうか不明である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

サラサエビ(更紗蝦)の関連キーワード岩礁

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android