サラサエビ(更紗蝦)(読み)サラサエビ(英語表記)Rhynchocinetes uritai

世界大百科事典 第2版の解説

サラサエビ【サラサエビ(更紗蝦) Rhynchocinetes uritai】

岩礁の浅海にすむ甲殻綱サラサエビ科の美しいエビ(イラスト)。体長4.5cmほどになり,生きているときは透明で赤褐色の複雑な縞模様があり,また,まるい白い紋が並んでいる。額角は上に2~3本,先端近くに4~5本,下縁に8~11本のとげがある。額角の基部頭胸甲との関節があり,上下に動く。このような構造はサラサエビ類共通の特徴で,他のエビ類には見られないが,生態的に何かに役だっているかどうか不明である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android