コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラサエビ(更紗蝦) サラサエビRhynchocinetes uritai

1件 の用語解説(サラサエビ(更紗蝦)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

サラサエビ【サラサエビ(更紗蝦) Rhynchocinetes uritai】

岩礁の浅海にすむ甲殻綱サラサエビ科の美しいエビ(イラスト)。体長4.5cmほどになり,生きているときは透明で赤褐色の複雑な縞模様があり,また,まるい白い紋が並んでいる。額角は上縁に2~3本,先端近くに4~5本,下縁に8~11本のとげがある。額角の基部に頭胸甲との関節があり,上下に動く。このような構造はサラサエビ類共通の特徴で,他のエビ類には見られないが,生態的に何かに役だっているかどうか不明である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone