コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラサヒトリ Camptolomidae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラサヒトリ
Camptolomidae

鱗翅目サラサヒトリガ科の昆虫の総称。ヒトリガ科のガに近縁であるが,日本,中国,インドに各1種ずつしか産しない小群。触角は糸状,口吻は退化しており,下顎鬚は短い。後翅の第8脈は基部近くで中室と結合する。サラサヒトリ Camptoloma interiorataは,前翅の開張幅 33~39mm,翅や体は黄色で,前翅には後角から放射状に6本の黒筋が走り,また後角を中心に赤色条紋がこれらと交差して走り美しい。成虫は6~7月に現れ,薄暮に群飛する。灯火にも来る。雄は飛びながら「ちっ,ちっ,ちっ」と鳴く。幼虫は共同の巣をつくって群生し,サクラ,クヌギなどの葉を食べる。幼虫の体は灰黄色で6本の黒褐色の縦線をもち,腹面は橙黄色。本州,四国,九州のほか中国にも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サラサヒトリ
さらさひとり / 更紗灯蛾
[学]Camptoloma interiorata

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヒトリガ科に属するガ。はねの開張30ミリメートル内外。前翅は橙黄(とうこう)色、黒褐色線が4本あり、いずれも後角に向かって走り、後角部は赤色、その外側の縁毛に3個の黒紋がある。後翅は橙(だいだい)色で無紋。雄は雌よりはねが細く、雌は腹端に鱗毛の束がある。6~7月の夕暮れに群飛する。灯火にはおもに雌が飛来する。本州、四国、九州、対馬(つしま)、朝鮮半島、中国に分布する。幼虫はクヌギ、ナラ、カシなどの葉を食べる。群がって共同の巣をつくる。若齢で越冬し、5~6月に地表の落葉の間などで繭をつくり、初夏に成虫が羽化する。雄は腹部基部に大きな発音器があって、摩擦音を出すが、これが雌を誘引するための信号かどうかは、まだわかっていない。[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サラサヒトリの関連キーワードサラサ灯蛾発音器井上

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android