コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルストン サルストン Sulston,John E.

2件 の用語解説(サルストンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルストン
サルストン
Sulston,John E.

[生]1942.3.27.
イギリスの生物学者。 2002年「器官の発生とプログラムされた細胞死 (アポトーシス ) の発見」に対し,S.ブレンナー,H.ホルビッツとともにノーベル生理学・医学賞を受賞した。 1963年ケンブリッジ大学卒業,1966年同大学で博士号取得,カリフォルニア州ソーク研究所博士研究員を務めたのち,医学研究会議 MRC分子生物学研究所 (ケンブリッジ) の研究員,ウェルカムトラストサンガーセンター (ケンブリッジ) の所長を務めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サルストン
さるすとん
John E. Sulston
(1942― )

イギリスの分子生物学者。ケンブリッジ大学で有機化学を専攻し、リースColin Reeseに師事してオリゴヌクレオチド合成について研究し、1966年に博士号を取得。ソーク研究所に移り原子化学の研究を行った後、1969年より医学研究会議(MRC:Medical Research Council)分子生物学研究所のS・ブレンナーの研究グループに加わり、R・ホルビッツらとともに線虫C. エレガンス(C. elegans)が卵から成体に発生するまでの間のすべての細胞の同定を行い、発生の過程で死ぬことを運命づけられた細胞が存在すること(アポトーシス)をみいだした。この業績により、ブレンナー、ホルビッツとともに2002年のノーベル医学生理学賞を受賞した。また、アメリカのワシントン大学のウォーターストンRobert Waterston(1943― )らとの共同研究により線虫の全ゲノム配列の解読に挑戦し、1998年に世界で初めて動物ゲノムの解読に成功した。さらにイギリスの医学研究公益信託「ウェルカム・トラスト」の支援により、ゲノム研究を目的とするサンガー研究所が1992年に設立され、その所長に就任、ヒトゲノム解読にも大きく貢献した。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サルストンの関連キーワードイギリス革命イギリス労働組合会議イギリスオランダ戦争イギリスビルマ戦争イギリス巻イギリスパンイギリス組曲イギリス・ロマン派学会イギリス下見イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone