コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルベーミニ

2件 の用語解説(サルベーミニの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

サルベーミニ

イタリアの歴史家。メッシナ,ピサ,フィレンツェの各大学教授を歴任。イタリア南部の解放運動に従事した。ファシズムに反対,米国に亡命してハーバード大学で教鞭をとった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サルベーミニ【Gaetano Salvemini】

1873‐1957
イタリアの歴史家。プーリア州の貧しい農家に生まれる。社会主義,マルクス主義に接近して,1893年社会党に入党。他方P.ビラリの影響もあって,歴史学や南部問題に対する関心を高め,99年《1280‐1295年のフィレンツェにおける貴族と平民》を公表。1901年からメッシナ大学で近代史の講義を担当,05年には《フランス革命》や《マッツィーニの宗教,政治・社会思想》などのすぐれた歴史書を出版する。10年にピサ大学の教授となり,翌年デ・ビーティ・デ・マルコといっしょに週刊評論誌《ウニタ》を創刊(‐1920),反リビア戦争,反保護主義の運動を繰り広げる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のサルベーミニの言及

【ボーチェ】より

…事実,南部問題,普通選挙権,教育,イタリアによるリビア併合,回復主義などの政治・社会問題が,主要記事として登場した。しかし寄稿家たちの思想基盤の多様性がリビア戦争を機に雑誌の分裂を推進する結果になり,この戦争に強く反対したサルベーミニがまず脱退し,一時編集を受けもったパピーニは新たに《ラチェルバ》誌を創刊して未来派に接近し,プレッツォリーニ自身も第1次世界大戦への積極的な参戦論を唱えるようになり,雑誌は初期の目的を完全に見失うにいたった。その後,デ・ロベルティスが編集を担当すると,雑誌は完全な文芸誌と化し,ウンガレッティをはじめ,カルダレリ,カンパーナ,セラなど多彩な寄稿家を加えるようになったが,新たな文学運動を展開することもなく,単なるアンソロジー的な性格の強い雑誌となった。…

※「サルベーミニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サルベーミニの関連キーワードヘロドトスマンゾーニリウィウスイタリアンイブンハルドゥーン史家歴史家ANSAイタリアンカジュアルイタリアのハロルド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone