コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サントトメ教会 サントトメキョウカイ

2件 の用語解説(サントトメ教会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サントトメ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【サントトメ教会】

Iglesia de Santo Tomé》スペイン中央部、カスティーリャ‐ラ‐マンチャ州の都市トレドにある教会。カスティーリャ‐レオンアルフォンソ6世が建造、14世紀にオルガス伯爵により再建。ムデハル様式の鐘楼があるほか、エル=グレコの代表作「オルガス伯爵の埋葬」を所蔵。1986年、「古都トレド」の名称で旧市街全域が世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

サントトメきょうかい【サントトメ教会】

スペインのほぼ中央部、首都マドリードの南約70km、カスティーリャラマンチャ州の州都トレド(Toledo)旧市街のサントトメ通りにある教会。トレド駅からバスで約10分の場所にある。比較的小さな教会だが、宮廷画家として活躍したエル・グレコ(El Greco、1541~1614年)の傑作の一つとされている「オルガス伯の埋葬」があることで知られている。レオン王国の王、のちにカスティーリャ王国の王となったアルフォンソ6世(1040~1109年)が建設し、14世紀にオルガス伯爵により再建されたもので、ムデハル様式の鐘楼(しょうろう)がある。◇現地名は「Iglesia de Santo Tome」。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サントトメ教会の関連キーワードマドリードアランフェスオリエンテ広場スペイン王宮チンチョンデボ神殿マドリード王宮レティーロ公園マドリガル協奏曲スペイン独立戦争

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone