コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サントトメ教会 サントトメキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

サントトメ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【サントトメ教会】

Iglesia de Santo Tomé》スペイン中央部、カスティーリャ‐ラ‐マンチャ州の都市トレドにある教会。カスティーリャ‐レオン王アルフォンソ6世が建造、14世紀にオルガス伯爵により再建。ムデハル様式の鐘楼があるほか、エル=グレコの代表作「オルガス伯爵の埋葬」を所蔵。1986年、「古都トレド」の名称で旧市街全域が世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

サントトメきょうかい【サントトメ教会】

スペインのほぼ中央部、首都マドリードの南約70km、カスティーリャラマンチャ州の州都トレド(Toledo)旧市街のサントトメ通りにある教会。トレド駅からバスで約10分の場所にある。比較的小さな教会だが、宮廷画家として活躍したエル・グレコ(El Greco、1541~1614年)の傑作の一つとされている「オルガス伯の埋葬」があることで知られている。レオン王国の王、のちにカスティーリャ王国の王となったアルフォンソ6世(1040~1109年)が建設し、14世紀にオルガス伯爵により再建されたもので、ムデハル様式の鐘楼(しょうろう)がある。◇現地名は「Iglesia de Santo Tome」。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

サントトメ教会の関連キーワードサンフランシスコ教会ラメルセー教会村山 亜土タムタム[tom tom]サントドミンゴ教会サントトメ教会シウダードグアヤナ西野恭之介日向かおりバブルガムブラザーズ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android