コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塊状溶岩 かいじょうようがん

1件 の用語解説(塊状溶岩の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

塊状溶岩【かいじょうようがん】

溶岩流の形態の一種。平滑な表面をもつほぼ同じ大きさの多面体の岩塊の集合からなる。粘性の大きな厚い溶岩流の先端部に特徴的に発達し,崖錐状を呈する。安山岩質溶岩に多く,桜島火山浅間山鬼押出しに典型的な例がみられる。
→関連項目溶岩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の塊状溶岩の言及

【溶岩】より

…一方,安山岩質溶岩はあまり流動的ではなく,浅間山の鬼押出し溶岩のようにごつごつした固結状態となる。これを塊状溶岩という。これらの固結した溶岩の構造を調べると,空孔が多数ある。…

【溶岩流】より

溶岩が地表で液体として流動すると溶岩流と呼ばれる。またそれが冷却・固化して生じた岩体もやはり溶岩流と呼ばれる。実測される溶岩流の温度は玄武岩質のもので1050~1200℃くらい,安山岩質のもので1000~1100℃くらいの範囲である。粘性率は102~107ポアズであるが,冷却するにつれ急激に増加し1010~1011ポアズで事実上固化する。流下速度は急斜面を流れる玄武岩質溶岩流の場合で最高10m/s以上に達するが,通常は人の歩く速さか,それ以下の場合が多い。…

※「塊状溶岩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

塊状溶岩の関連キーワード形態学溶岩溶岩円頂丘溶岩台地溶岩トンネル溶岩流平滑局部電池円筒式乾燥塊状熔岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone