サンフランシスコ教会修道院(読み)サンフランシスコキョウカイシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

サンフランシスコ‐きょうかいしゅうどういん〔‐ケウクワイシウダウヰン〕【サンフランシスコ教会修道院】

Basílica y Convento de San Francisco de Lima》ペルーの首都リマの旧市街にある教会および修道院。16世紀半ばから約100年かけて建造。二つの鐘楼とバロック様式のファサードが有名。地下にカタコンブがあり、修道院の回廊はセビリア産のタイルで装飾されている。周辺一帯が、1988年に「リマ歴史地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。
Iglesia y Convento de San Francisco》ペルー南部の都市クスコの市街中心部にある、フランチェスコ修道会の教会および修道院。17世紀半ばに建造。修道士を描いた巨大な壁画や、クイ(テンジクネズミ科のネズミの一種)が描きこまれた「最後の晩餐(ばんさん)」の絵画が有名。地下にカタコンブがある。
Igreja e Convento de São Francisco》ブラジル東部、バイーア州の都市サルバドールの旧市街にある教会。ジェズス広場に面する。18世紀前半に建造。「黄金の教会」という通称をもち、内部は大量の金を用いた装飾が施され、回廊の壁面下部はポルトガルから輸入したアズレージョという青いタイルで覆われている。同国におけるバロック建築の傑作として知られ、1985年に「サルバドール‐デ‐バイーア歴史地区」の名称で世界遺産に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android