コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンプリング周波数 さんぷりんぐしゅうはすう

3件 の用語解説(サンプリング周波数の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

サンプリング周波数

1秒間の音の信号をいくつに分割するかを表す数値。サンプリングレートとも呼ぶ。音楽用CDでのサンプリング周波数である44.1kHzは、1秒間の音の信号を4万4100に分割して4万4100のデータに変換する。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サンプリング‐しゅうはすう〔‐シウハスウ〕【サンプリング周波数】

sampling frequencyアナログ信号をデジタル信号に変換するときに時間軸に対して細かく分割するが、その分割数のこと。標本化周波数。サンプルレート。サンプリングレート。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンプリング周波数
さんぷりんぐしゅうはすう

音声の伝送において、連続したアナログ信号からデジタル信号に変換する際(AD変換)、一定の時間に何個のデータ(標本)を抽出(サンプリング)するかを表す数値。サンプリングレートともよばれる。その数によって、音質の良否が決まる。単位はヘルツ(Hz)。コンパクトディスク(CD)のサンプリング周波数は44.1キロヘルツ(kHz)で、これは1秒間に4万4100個のデータを処理していることを表す。さらに高い周波数で処理することをハイサンプリングとよぶ。96キロヘルツや192キロヘルツなどの高いサンプリング周波数の音源は「ハイレゾリューション」とよばれる。デジタル信号は、サンプリング周波数の2分の1まで再現できる(サンプリング定理)ため、その数が大きいほど音質はよくなる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンプリング周波数の関連キーワードOFDMコンポジット信号スプリッター送信メガヘルツ分割録音風の音の分社型分割と分割型分割1秒量(FEV1.0)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サンプリング周波数の関連情報