統計的推論(読み)とうけいてきすいろん(英語表記)statistical inference

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

統計的推論
とうけいてきすいろん
statistical inference

統計的推測ともいう。母集団から抽出された標本に基づき,母集団分布そのもの,あるいは母集団分布が想定されているときには,母集団における集団的特性値を引出すための方法をいう。その代表的なものは推定と検定である。また母集団分布の形の指定があるかないかによって,パラメトリック推論,ノンパラメトリック推論に分かれる。「母集団分布が正規分布である」というのはパラメトリックであり,「母集団の分布関数が連続」というのはノンパラメトリックである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の統計的推論の言及

【数理統計学】より

…それを母数と呼ぶ。与えられたデータからこの未知母数についての推論を行うことを統計的推論という。上のベルヌーイ試行の例でいえば,全試行の中で成功した回数をみて,pの値をよりよく推定することが統計的推論である。…

※「統計的推論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android