サンリオ(株)(読み)さんりお

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンリオ(株)
さんりお

キャラクター商品を柱に急成長した企業。1960年(昭和35)辻信太郎(1927― )が東京に山梨シルクセンターを設立したのが始まり。当初は山梨の特産品を販売したが、しだいにオリジナルデザインのキャラクター商品を販売して、子供の間で一大ブームを巻き起こした。1967年にブランド名をサンリオとし、1973年には社名も山梨シルクセンターからサンリオに改称、さまざまな分野に進出した。1966年に着手した出版部門では、1973年に『詩とメルヘン』を創刊、その後も『いちごえほん』などを刊行した。1969年には、サンリオグリーティング株式会社を設立して、グリーティングカード部門に進出、また1975年の『ちいさなジャンボ』を第一作として映画部門にも進出し、『キタキツネ物語』(1978)が大ヒットした。1980年代に海外販路の拡大も本格化、看板キャラクター「ハローキティ」は世界中に広まっていった。1990年(平成2)には東京・多摩市に日本初の全天候型屋内テーマパーク「サンリオピューロランド」を開設、テーマパーク事業に進出した。資本金150億円(2008)、売上高730億円(2008)。[中村青志]
『西沢正史著『サンリオ物語――こうして一つの企業は生まれた』(1990・サンリオ)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android