サン・ジャン・ド・リュズ(読み)さんじゃんどりゅず(英語表記)Saint-Jean-de-Luz

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サン・ジャン・ド・リュズ
さんじゃんどりゅず
Saint-Jean-de-Luz

フランス南西部、ピレネーザトランティク県の都市。人口1万3247(1999)。スペイン国境にまたがるバスク地方の都市で、住民はバスク人である。ビスケー湾に臨む漁港で、観光・保養地でもある。14~17世紀には漁港、貿易港として栄え、とくに1520年にニューファンドランドへ最初にタラ漁船を送り出した港として知られる。今日フランスにおけるマグロ漁業の重要な基地である。13世紀建設の代表的なバスク教会がある。[青木伸好]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android