サーキットトレーニング(英語表記)circuit training

翻訳|circuit training

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「サーキットトレーニング」の解説

サーキットトレーニング
circuit training

総合的な体力トレーニング法。いくつかの運動種目を組合せ (セットと呼ぶ) ,これを各種目,休憩をとらずに繰返してトレーニングしていく方法。 1953年 R.モーガンと G.アダムソンが創始ウエイトトレーニング呼吸・循環機能の持久性トレーニングを加えたもの。組合せの処方は,各運動を一定の時間に何回できるかを測定して決め,開始から終了までの所要時間を徐々に短縮していく。標準種目は 24種目あげられており,それらを6種目,9種目,12種目に編成し,一定のコースを作成する。普通そのコースを3循環する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「サーキットトレーニング」の解説

サーキット‐トレーニング

〘名〙 (circuit training) 一連の運動の繰り返しにより、呼吸・筋肉などの鍛練をし、体に全般的な力をつける練習法。基礎体力の養成などに用いられる。サーキット

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「サーキットトレーニング」の解説

サーキット‐トレーニング(circuit training)

筋力持久力を養うため、数種の運動を組み合わせ、繰り返し循環して行う訓練法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android