サーズデー島(読み)サーズデーとう(英語表記)Thursday Island

  • サーズデーとう ‥タウ
  • サーズデーとう〔タウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーストラリア,クイーンズランド州北端,ヨーク岬北西約 30kmのトレス海峡にある小島。面積 3km2トレス海峡諸島行政,交通の中心地 (ただし空港は東隣のホーン島にある) 。第2次世界大戦前からの真珠貝採取で知られ,日本人をはじめアジア人労働者が来島していた。日本語名は木曜島人口 2283 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(サーズデーはThursday) オーストラリアの北東端、ヨーク岬の沖合にある小島。面積三平方キロメートル。真珠貝の採取基地として知られ、第二次世界大戦前は日本人の潜水夫が活躍した。木曜島。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android