サーリネン父子(読み)サーリネンふし

世界大百科事典 第2版の解説

サーリネンふし【サーリネン父子】

フィンランド出身の建築家父子。父サーリネンGottlieb Eliel Saarinen(1873‐1950)は,ランタサルミ生れ。1896年よりゲセリウスHerman Gesellius,リンドグレンArmas Lindgrenと共同で仕事を始め,1900年パリ万国博フィンランド館で国際的にも知られるようになる。その直後にヘルシンキ西郊に共同の住宅兼アトリエ〈フイットレスク〉(1902)を建てる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android