コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザヒーレ・ファールヤービー Ẓahīr-e Fāryābī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザヒーレ・ファールヤービー
Ẓahīr-e Fāryābī

[生]1156頃.ファールヤーブ
[没]1201. タブリーズ
ペルシアの詩人。諸学に精通した頌詩詩人で,若い頃から保護者を求めて各地を遍歴,ついにアゼルバイジャンの地方君主に宮廷詩人として仕えた。彼の頌詩はアンワリーハーカーニーのスタイルにならい,誇張的表現で知られる。作品『ザヒーレ・ファールヤービー詩集』 Dīwān-e Ẓahīr-e Fāryābīは頌詩を主体とし,抒情詩,四行詩などから成る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザヒーレ・ファールヤービー
ざひーれふぁーるやーびー
ahr-i Fryb
(1156ころ―1201)

ペルシアの詩人。バルフ近郊の出身。パトロンを求めて各地を遍歴、アゼルバイジャンのアター・ベグ朝に宮廷詩人として仕えた。学識が高く頌詩(しょうし)詩人として優れる。約5800句からなる『ザヒーレ・ファールヤービー詩集』には頌詩を主体に、叙情詩、四行詩が収められる。頌詩は誇張的表現で知られ、叙情詩も高く評価される。[黒柳恒男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ザヒーレ・ファールヤービーの関連キーワード保元清原頼業平忠正鳥羽天皇藤原頼長ヘンリク司教ウェスチングハウス(WH)KiTARA乙女峠久寿

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android