コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザボロツキー Nikolai Alekseevich Zabolotskii

2件 の用語解説(ザボロツキーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ザボロツキー【Nikolai Alekseevich Zabolotskii】

1903‐58
ソ連邦の詩人,翻訳者。農業技師の家庭に生まれ,初めモスクワ医科大学に学ぶが,そこを中退してレニングラードゲルツェン教育大学文学部を卒業。1923年より文筆活動を始め,宇宙のなかでの人間の立場を哲学的に考察した一連の抒情詩で注目を浴びた。叙事詩《農業の勝利》(1933)では,晩年の立場に近い,人間の理性と仕事が自然のカオス的世界に調和をもたらすという考えを表明している。しかし,36年の大粛清に際しては不当に逮捕され,極東へ流刑された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザボロツキー
ざぼろつきー
Николай Алексеевич Заболоцкий Nikolay Alekseevich Zabolotskiy
(1903―1958)

ロシアの詩人。レニングラード(現、サンクト・ペテルブルグ)のゲルツェン教育大学文学部を1925年に卒業してから、児童文学の作品を発表していたが、1929年処女詩集『コラム』で詩人として認められた。1938~1946年、無実の罪で逮捕され、極東の強制収容所に送られ、製図工、土建労働者として働く。釈放後は文壇に戻り、人間、自然、科学技術を賛美する哲学的叙情詩を書き、未来派の影響を脱した独自の詩風を確立した。優れた翻訳者、とくにシラーイタリアの詩人たち、ジョージアグルジア)の民族詩人ルスタベリの紹介者として知られる。ほかに『第二の書』(1937)、『詩集』(1948、1957)など。[中本信幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ザボロツキーの関連キーワードプラット修正ロシア映画キュリーククルイニクスイ幸徳秋水ブライアンアクリーションマグマ・ストーピングイラーセクイリンデン蜂起

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone