コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアールコト シアールコト Siālkot

3件 の用語解説(シアールコトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シアールコト
シアールコト
Siālkot

パキスタン北東部,パンジャブ州ラホール県にある都市。州都ラホールの北方約 100km,インド国境付近に位置する。インド領ジャンム地区に通じる道路,鉄道の中継地。古くからカシミール地方とパンジャブを結ぶ交易ルートの重要拠点として繁栄した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シアールコト(Sialkot)

パキスタン北東部、パンジャブ州の都市。同州の北東端、ラホールの北約100キロメートルに位置し、インドとの国境に近い。古くから交易の拠点として栄え、現在も鉄道、道路交通の中継地となっている。紀元前2世紀頃、バクトリア王国の王ミリンダが都を置いた場所とされる。テニスラケットサッカーボールなどスポーツ用品の生産が盛ん。シアールコート

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シアールコト
しあーること
Sialkot

パキスタン北東部、パンジャーブ州北東端の都市。シワリク丘陵南西麓(ろく)に位置する。人口41万7597(1998)。印パ分離前には、インダス川流域からカシミールのスリナガルに至る交通路上の要地、またレチュナ・ドアーブ地方北部の農産物集散地として栄えた。紀元前2世紀ごろ北西インドに進出したバクトリア王国のミリンダ王が首都を置いたシャーカラは、ここに比定されている。テニスのラケットなどのスポーツ用品、医療用品などの工業が立地する。[応地利明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シアールコトの関連キーワードチャンディーガルパンジャブムルタンラホール東パキスタンアムリツァルカリスタンハリヤナパキスタニーパンジャーブ[州](パキスタン)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone