シェラン(英語表記)Kielland, Alexander

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェラン
Kielland, Alexander

[生]1849.2.18. スタバンゲル
[没]1906.4.6. ベルゲン
ノルウェーの小説家。富裕な商家に生れ,大学では法律を学んだ。卒業後は長らく煉瓦工場を経営したが,パリで会ったビョルンソンにすすめられて作家生活に入り,『短編集』 Novelletter (1879) を出して一躍認められた。以後『ガルマン・ウォルセ』 Garman & Worse (80) ,『労働者』 Arbeidsfolk (81) ,『ウォルセ船長』 Skipper Worse (82) ,『毒』 Gift (82) などの社会の腐敗と欠陥をえぐる小説を発表,特に官僚主義と聖職者階級を攻撃した。晩年は故郷スタバンゲル市の市長やメレ県知事になって社会改革に努めたが,現実と理想との矛盾に苦しんで厭世的になり,筆を折った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android