シキュオン(英語表記)Sikyōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セキュオンとも呼ばれる。ペロポネソス半島北部コリント北西に位置する古代ギリシアの都市。現シキオン。アルゴスの植民市 (アポイキア) として治的,宗教的に従属していたが,前 660年頃オルタゴラスによって僭主政が樹立され,その孫クレイステネスのときに国力は最大となり,彼は第1次神聖戦争ロクリスを破壊した。僭主政は約 100年続いたがスパルタによって倒され,以後スパルタの同盟市となり,前3世紀にはアカイア同盟に参加。その後衰退し,前2世紀には廃虚となった。シキュオンはアルカイック時代から美術の中心地として知られ,前4世紀には彫刻家リュシッポスを生んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コリントス市の北西にあるギリシアの古市。昔から今にいたるまでオリーブ油とアーモンドの産地として名高い。古典期には彫刻や絵画などのギリシア芸術の一中心地であった。高名な彫刻家リュシッポスはこの市の人である。シキュオンは,はじめアルゴスに属していたが,前660年ごろに僭主オルタゴラスOrthagorasが出て,市をアルゴスの支配から独立させた。市の勢いはクレイステネスのときに頂点に達したが,やがてスパルタの支配に入る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android