コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シズクガイ Theora fragilis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シズクガイ
Theora fragilis

軟体動物門二枚貝綱アサジガイ科。殻長 2cm,殻高 1cm,殻幅 0.4cm。殻は長卵形,薄質半透明で,死ぬと白色になる。殻頂は低くて前方に寄り,ふくらみは弱い。殻表は平滑で光沢がある。内面は,殻頂の下から斜め下前方へ1本の肋が走るが,欠く個体もある。北海道南部から九州までに分布し,内湾奥の潮間帯から水深 50mの軟泥底にすむ。酸素の欠乏に強く,強内湾の指標種とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シズクガイ
しずくがい / 雫貝
[学]Theora lubrica

軟体動物門二枚貝綱アサジガイ科の二枚貝。全国の内湾の水深5~10メートルの泥底にすむ。殻長20ミリメートル、殻高10ミリメートル、殻幅4ミリメートルほどの横長な卵形、殻は薄質で半透明な白色。蝶番(ちょうつがい)の歯は小さく、弾帯は弾帯受けに収まっている。殻頂から前腹方に向かって1条の内肋(ろく)が走っている。イヨスダレガイ、カノコアサリ、ミジンシラオガイなどとともに生息環境を示す内湾度の指標となる種の一つである。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シズクガイの関連キーワードカイヤドリウミグモ指標動物

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android