コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シックナー thickener

翻訳|thickener

大辞林 第三版の解説

シックナー【thickener】

液体中に混じる固体粒子を泥漿でいしよう(スラッジ)として分離する装置。上下水道・廃水処理・化学工業などに用いられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

シックナー

 (1) 粘度の低い食品材料の粘度を高めるために使われる物質.アカシアゴムなど.(2) 懸濁液に懸濁されている固体を沈殿させる装置もしくは機械.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シックナー【thickener】

沈降濃縮装置ともいう。液体中に分散混合している少量の固体粒子を重力の作用で沈降させ高濃度のスラッジ(泥漿)として液体から分離する方法をシックニング(沈降濃縮)といい,これを連続的に行う工業的装置をシックナーという。大量の固体混合液の固液分離に用いられる。またとくに清澄液を得るのを目的とする場合を清澄器(クラリファイヤー)として区別することがある。図はその代表的な例で,槽上方中央より粒子混合液(スラリー)を供給すると,清澄となった液はとい(樋)を越えて溢流(いつりゆう)するとともに,高濃度に濃縮された泥状スラッジは排泥として重力またはポンプにより槽底から引き抜かれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シックナー
しっくなー
thickener

大量の液体中に浮遊している固体粒子を、重力の作用により沈殿分離させる(この方法をシックニングという)連続式の沈殿濃縮装置。1906年、アメリカのドルJ. V. N. Dorrによって初めて考案された。清澄槽が清澄な溢流(いつりゅう)を得るのを主目的とするのに対し、シックナーは、排出泥をできるだけ濃縮した状態で取り出すことを主目的とする。
 槽中央上部の給泥口より供給された固体粒子の懸濁液は、槽内を放射状に槽周壁に向かって流れていく間に固体粒子を沈降分離し、清澄になった上澄み液は槽周壁に設けられた溢流樋(とい)を通って槽外に取り出される。一方、槽底にたまり濃縮脱水された泥漿(でいしょう)(スラッジ)は、槽中央の回転軸に取り付けられたかき取り羽根で槽中央に集められ、下底中央の排泥口から泥漿ポンプなどで排出される。シックナーは大きな床面積を要するので、その節約などの目的で2~3個のシックナーを重ねた重ねシックナーなどがある。化学工業のほか、上下水道、廃水処理などに広く用いられる。[早川豊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シックナーの関連キーワード沈降濃縮装置廃水処理化学工業微粉炭選鉱

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android